マスコミに紹介されました

大地の熱を抱きとめる家−北海道新聞平成20年7月サミット特集に掲載されました 

(画像クリックで拡大)

0807hokkaido02.jpg

北海道新聞のサミット特集2008年7月に地熱住宅が紹介されました。

2008年7月7日~9日(3日間)、北海道の洞爺湖で地球温暖化などをテーマとしたサミット
【北海道洞爺湖サミット】が開催されます。

そのサミットを特集した北海道新聞に、地熱住宅が取り上げられました。これは、報道陣向けに配布する特集号なんですが、地熱住宅が世界中の人たちに配信されることになったんです。

この特集号は、海外メディア向けでもあるので、英語と日本語が併記されてあります。
そして、この特集号を開くと、一番はじめのページに『アイヌの伝統民家』が掲載されているのです。


In cise in midwinter,
sensible temperature stays
at 20 degrees C.


大地の熱を抱きとめる家



一部記事紹介

よみがえる歴史の知恵-チセ~アイヌ民族の伝統住宅-

丸太を組み立て、ササやカヤなどの植物をふいただけの住居チセで、アイヌ民族は長い歴史を歩んできた。晩秋から初春にかけて、外は氷点下に冷え込み、厚い雪に覆われるが、チセの中は快適とさえいえる住空間で、体感温度は20度を超えた。
復元したチセに泊まりながら、快適さの秘密を探った研究者がいる。北海道教育大学旭川校の元非常勤講師・宇佐美智和子さん(エコシステム住宅普及会員)だ。旭川郷土博物館(現旭川市博物館)の依頼で、地熱を生かし、雪を断熱材としたアイヌ民族の生活を読み解いた。

『温かさ』の源

最高気温が0度を下回る2月の17日間、宇佐美さんは日中に限り、むき出しの土間でまきを燃やして体感温度の変化をみた。室温は上がり続け、外気温が氷点下10度だった14日目の午後5時半には、土間の上50センチで6.5度、壁面は炉から2、3メートル離れても10度を超えた。体感温度を示す黒球温度計は20度を指した。
気流の少ない室内の体感温度は、壁などからの放射熱と室温の平均で求められる。実験に使ったチセでの放射熱は33.5度。室温が低いのに感じる「温かさ」の源だった。
もう一つのポイントは、地熱と、土間の上に植物を敷き詰めた床の構造だ。実験を始めて3年後、チセの中に床を再現すると、外気温とともに変動していた土間の表面温度が2度前後で安定した。地下10センチの温度は、炉でまきを燃やさない場合より7度も高かった。植物材の敷物が土間の熱を抱きとめてくれたのだ。
実験は冬に限り、宿泊しない日は日中だけまきを燃やした。アイヌの人たちのように年間を通して火を絶やさなければ、炉の熱は地中に蓄えられ、快適さがさらに増すだろう、と宇佐美さんはみる。

現代建築に

千葉の住宅メーカーが同じ理屈の家を建てている。基礎を含めて完全な外断熱を施すのだ。床下は蓄熱槽として使い、夏の終わりから日差しで暖められた室内の空気を床下にためる。冬本番になると、蓄えられた熱と地熱が家を暖める。夏は逆に、冷たい地熱が涼しさを運ぶ。
チセの知恵は雪を外断熱材、大地を蓄熱槽として生かすことだった。この現代建築にも同じ考えが生きている。装置のコストは90平方メートル未満で約100万円と安くはないが、建築実績は約800棟に上る。人は環境を壊さずには生きられないとしても、長い歴史の知恵を借りられる分野は、まだまだあるはずだ。