地中熱について

『100年前の文献から浮かび上がった地中熱』 

『大阪気象五年報 明治29−33年』
この古い地中熱データですが、残念なことに日本全国の測候所の計測内容があるわけではないようです。
また、計測時期にもかなりのばらつきがあり、一概に各地の比較をできるというわけでもありません。

しかし、センサー技術も発達していない明治時代に、毎日コツコツと測定をしていたであろう測候所の人たちの姿を思い浮かべると、本当に頭の下がる思いがしました。


その中でまずは『府立大阪一等測候所』が明治34年11月に発行した『大阪気象五年報 明治29−33年』のデータをグラフ化してみることにしました。


『大阪気象五年報 明治29−33年』

↑『大阪気象五年報 明治29−33年』の実際に地中熱の数値が載っているページ。
これは活字が使われているが、物によっては手書きによる記述もあり、当時の苦労が偲ばれる。
※クリックでPDFファイルが開きます。



府立大阪一等測候所『大阪気象五年報 明治29−33年』による地中熱計測グラフ


府立大阪一等測候所『大阪気象五年報 明治29−33年』による地中熱計測グラフ

思っていたとおりの曲線が浮かび上がりました。紫色の地下5mの温度はしっかり夏と冬が逆転しています。5年間の計測値の平均によるものなので誤差も少ないと思われます。

温度数値も見てみます。先ほどの銚子気象台のデータと比較するために最低・最高温度をそれぞれ色分けしています。
※銚子気象台のデータとは測定深さが異なります。

府立大阪一等測候所『大阪気象五年報 明治29−33年』による地中熱計測データ

銚子気象台の地下5mの最高・最低温度と比べると、大阪のそれは1℃ずつ高い温度となっています。
やはり関西の方が温暖ということを裏付けているのかも知れません。

大阪府教育センターによると、ここ100年の間で大阪の平均気温は2度以上上昇しているというデータもあります。それが地中熱にどの程度影響を及ぼしているのかは定かではありません。


※地中熱についてのご質問は下のフォームにご記入頂くか、こちらまでメールをお願いいたします。頂いたご質問は当サイト内で掲載させて頂ければと考えています。


お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ