構造・完成見学会情報

11年01月29日  AM10:00~ [構造・完成見学会情報

1月29日(土)30日(日)地熱住宅完成見学会のお知らせ!仲建設株式会社

毎日寒い日が続きますね!
布団からなかなか出られない仲田です。

平成23年最初のイベント、地熱住宅の完成見学会をご案内します!!

冬の地熱住宅の良いところって、
お日様のエネルギーを家に蓄える力がとても大きい、
ということだと考えています。


DSC08158.jpg
そういう「蓄える力」というものが「断熱性能」というわけなのですが、完成見学会で難しい話は致しません。

ただ単純に体感してもらうだけなので数字の話が苦手な方もご安心下さいね(笑)。


さて、ホームページの「地熱利用のしくみ」でも簡単な説明はしてありますが、
私達が作る地熱住宅の「地中熱の利用の方法」は配管を地中に埋め込む方法ではありません。


DSC00608.jpg
コンクリート基礎ごとまるまる断熱材で覆うことで、冬は外気よりもあたたかく、夏は外気よりも涼しくなる、という自然の性質を生かして地中熱を利用する方法です。


この原理はあまり知られていない現象かもしれませんが、
実際の地中の温度計測などからわかる事実なのです。


なるべく特殊な機械などを使わずに地中熱を利用する方法ですから
エコロジーな家づくりであると思いますが、一つ欠点があります。


それは「完成直後の地熱住宅は地中熱の恩恵を受けていない」ということ。


どうしてすぐに地中熱の効果を得ることが出来ないのかというと、
地面はあたたまりにくく冷めにくい性質があるため、建物の真下の地中温度が地中深くの温度と
同じような温度帯になるには半年くらいの時間がかかるから、なのですね。


だから今回完成した地熱住宅が地中熱の恩恵を受けるのは、実は今度の夏になるのです。
ちょっとわかりにくいかもしれませんが、詳しくは見学会の際にお伝えするとして、
そんな理由で今回見学する地熱住宅は、現時点ではただの「高断熱・高気密住宅」
というわけなのです。


「ただの」とはいいましたが、その性能はかなり高く、比較的温暖なこの地域でもQ値は・・・・・・
と、数字の話は止めましょうか。寝てしまう人が多いので(泣)。


数値がどうこうよりも実際に体験していただくのが一番!なので、見学会の当日は
暖房器具(14畳クラス)を1台だけ使用してどういう温度になるのか?
そんな「実験」もしてみたいと思います。


やったことがないのでちょっぴりどきどきですが、地熱住宅の「実力」がわかるかもしれませんね。



開催場所  春日井市宮町
開催日    平成23年1月29日(土)・30日(日)
開催時間
①10:00~11:00
②11:10~12:10
③13:00~14:00
④14:10~15:10
⑤15:20~16:20

例のごとく予約制となっています。土・日2日間で10組様までご案内可能です。
先着順ですのでご興味のある方はお早めにお申し込み下さいね!

お申し込みいただいた方には個別に案内状をお送りします。 

                                              <詳しくはこちら>