外断熱の地熱住宅Q&A

Q 地熱住宅エコシステムの地熱利用とは具体的にどうなっているのでしょうか? 

静岡県在住の千葉と申します。質問です。
御社の地熱利用提案で、夏の地熱が冬に持ち越し冬暖かく、冬低下した地熱を夏に持ち越して夏が涼しくなると、解説をされています。
自然の地表は、冬は太陽の熱エネルギーの照射が少なくなり、逆に地表に上昇する地熱エネルギーの上昇量は多くなり、夏は太陽の熱エネルギーの照射が多いので、地表に上昇する地熱エネルギーの上昇量が減少すると考えます。
その増減が御社のエコシステムの様に、基礎から外壁そして屋根と十分な外張り断熱の家屋では、顕著に成ると私は考えます。

A ご質問ありがとうございます。「エコシステムの地熱利用」に関してお答えします。 

地熱住宅エコシステムは、建物部分だけでなく、床下地中も含めて住宅になっています。床下地中も地熱住宅エコシステムの一部なのです。

地熱住宅エコシステムは、床下すぐ下の地中に熱を蓄えて、半年先まで熱を持ち越すことに成功しました。床下地中を、夏の熱を冬まで、冬の冷熱を夏まで蓄えることができる地下5mと同じような状態にすることができたのです。

つまり、地中の蓄熱力を生かしながら、地中に熱が伝わるのに時間がかかる性質を断熱材によって大幅に強め生かすことによって(熱を伝わりにくくする)ことによって地下5mではなく、床下すぐ下の地中に夏の熱を持ち越し、床下地中を大きな熱のプールにすることができたのです。

もう少し詳しく説明しましょう。 まず、床下地中に熱をプールするために、床下や床下地中から外側に熱が逃げないように厚い断熱材を外から張り付けます(=基礎外断熱)。―①

地熱.jpgのサムネール画像

    
これだけでは、床下地中に熱を半年も持ち越すことはできません。

特別な工夫が必要です。地中の温度は、外気温と太陽熱によって決まる地表面の温度が、時間をかけて伝わったものです。

地下5mあたりには冬のはじめにやっと夏の熱が届いて年間で最高温度になりますが、浅い地中は外気温が低くなるにつれてどんどん冷えていきます。普通の床下地中は、上に住宅があるとはいえ、地表面からの冷え込みが伝わって温度が下がっていきます。

そこで、床下地中を地表面から冷え込まないように、建物のまわりの地中に断熱材を畳を敷くように敷き詰めるのです(=敷き設断熱)。-②  

また、床下地中は熱的に建物とつながっていますから、室温が高い時には熱は床下地中に移って蓄えられます。建物の性能が低く室温が大きく下がると、建物から床下地中の熱が逃げていきますから床下地中には熱がたまりません。

そこで、床下地中を熱のプールにするには、建物自身の性能も高くすることが大切です。断熱をしっかりして、熱の逃げない構造にします。―③

地熱住宅エコシステムの床下地中は、①②③をその地域にふさわしく断熱することによって、  半年前の床下地中を熱のプールにすることができるのです。

実は、今までは、②の敷き設断熱については、一般のお客様は口コミで、地熱住宅エコシステムはそこまでしなくても十分温かい(涼しい)と、②を省略されることが多かったのですが、敷き設断熱の特許を取得して十余年近く経ち、時代も移り、性能の要望も高くなってきましたので、寒冷地だけでなく、可能な限り全地域で②の敷き設断熱対応をなさいますようお勧めいたします。敷き設断熱の厚さや幅で(他の条件差もあり断定はできませんが)床下地中や床下温度・夏冬のエアコン消費電力量の違いなどの例を2棟示しましたエコハウス研究室のデータをご参考になさってください。

※エコハウス研究室 宇佐美

この内容についてのご質問は下のフォームからお願い致します。




お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ