外断熱の地熱住宅Q&A

Q 地熱住宅の窓開口について質問です。 

Q Tです。「寒冷地ではペアサッシと樹脂サッシで窓ガラスを3重にすることをお勧めしています。」
と、書かれていますが、これは何を意味するのでしょうか。 

ペアガラスサッシとシングル樹脂サッシのガラス3重では性能が劣るとお考えでしょうか。

サッシ性能は地域Ⅱ程度を考えた方が良いと考えています。 
樹脂サッシか複合サッシが良いのでしょうか?

A 開口部の性能次第で住宅の温熱性能が変わります。

遮熱断熱ペアガラスサッシでは性能不足です。
また、遮熱断熱は冬の日射取得熱を減らすので、日当たりの豊かな日本のサッシとしては不向きです。

優れた性能の開口部でも、壁の5倍から7倍もの熱が逃げますが、窓の性能が追いつかず、現実対応ができやすい性能レベルで決められています。

いずれ現在の熱貫流率の半分ぐらいを求められるようになるでしょう。特に地熱住宅エコシステムは、室温が床下地中に蓄えられるのですから、熱損失を少なくすることの効果は普通住宅の倍と言っても過言ではありません。

伊勢崎市においては、地域Ⅰ以上、即ち技術的に可能な限り開口部からの熱損失を少なくすることが重要です。

特に、断熱雨戸は、日中閉めると夏の日射熱をシャットアウトするのに非常に効果的です。
もちろん、冬は早めに断熱雨戸を閉めて日中の日射取得熱を大切に逃がさないようにします。


※エコハウス研究室 宇佐美

この内容についてのご質問は下のフォームからお願い致します。




お名前
郵便番号 半角入力:例 012-3456
ご住所 
電話番号 半角入力:例 0123-4567-8901
E-Mailアドレス 半角入力
メッセージ