外断熱工法とは?

外断熱工法 

最近、にわかに外断熱(外張り断熱)という言葉が聞かれるようになりました。
大手ハウスメーカーでも採用し始めており、外断熱ブームは加熱の一途をたどっています。

 

ところで、そもそも外断熱工法とは何なのでしょうか?

 

2000年(平成12年)1月28日の朝日新聞「天声人語」で取り上げられたのがブームのきっかけと言えるかも知れません。ここでご紹介します。

 

▼マンションで暮らす知人宅を訪れて、盛大な窓の結露に驚いた。本人は「気密性がいいから仕方ないらしい」と、すっかりあきらめている

▼けれども実は、窓のように「見える」結露よりも壁の内側の「見えない」結露の方が、問題が大きいのだそうだ。カビが発生しやすいし、それを食べるダニの繁殖も勝手放題。建物そのものも弱っていく。たとえコンクリート製であっても、ひび割れから水が侵入すれば劣化する

▼そうした結露を防ぐ方法として、「外断熱」という耳慣れないことばを聞いた。省エネルギーのために入れる断熱材を、建物の内側ではなく外側に置いて、全体をすっぽり包み込むようにする方法である。なるほど、こうすれば室内の暖かい空気が冷たい壁にぶつかることはなく、結露しない。断熱の効果もぐんと良くなる

▼スウェーデンでは1973年のオイルショック直後、国を挙げて建物の省エネ対策を研究し、気象学や熱工学、微生物学、経済学などの専門家が4年がかりで具体策をまとめた。それ以来、外断熱が当たり前になったという(『日本のマンションにひそむ史上最大のミステーク』、TBSブリタニカ)

▼日本はといえば、ビルでも住宅でも外断熱工法はほとんど採用されていない。科学的な検討をする前に、柱と柱の間に断熱材を詰め込むやり方が広まってしまった。手間がかからず、費用も安くできるためらしい。例外の一人が東京都小平市で工務店を経営する松井修三さんだ。9年前に外断熱の木造住宅を造ってみて良さを実感、以後はこれしかやらない。「断熱は寒冷地に限らず大事なことなのに、無関心な人があまりに多いですね」

▼スウェーデンでは省エネ対策を検討する際、あえて建築の専門家を入れなかった。慣習やしがらみを断ち切って、原理的にもっとも良い方法を探ろうとしたのだろう。

(朝日新聞2000年(平成12年)1月28日 金曜日「天声人語」より)

 

今現在、家づくりをお考えの方はとても大変だと思います。なぜなら、住宅を取り巻く環境が年々複雑化しているからです。

限られたコストの中で使い勝手採光採風といったことソフト面だけでなく、断熱構造耐震性耐久性メンテナンス性といったハード面まで検討しなければいけません。

 

ここでは、断熱の2大工法である『内断熱(充填断熱)』『外断熱(外張り断熱)』のメリット、デメリットを確認しながら、皆さんに最適な工法を選択して頂きたいと考えています。

単純にどちらがいい、悪いではなく、自分たちのライフスタイルにはどちらが適しているのか、を判断する材料として頂ければ幸いです。