外断熱工法とは?

外断熱と内断熱の違い 

さて、オイルショック以降、盛んに『省エネ』が謳われはじめました。
日本という国が環境問題を真剣に考え始めたきっかけといえます。

この頃から住宅に断熱材が使われ始めました。ここで使われていたのはグラスウールやロックウールといった繊維状の断熱材です。

このグラスウールなどの断熱材を、柱と柱の間に埋め込む(充填する)ように入れるのが『内断熱(充填断熱)』と呼ばれるものです。現在も新築住宅のほとんどがこの「内断熱」を採用していて、断熱工法のスタンダードと言えます。

これに対し、壁空洞を残したまま、柱の外側に板状の断熱材を途切れることなく張りつめるのが『外断熱(外張り断熱)』工法です。

sotodan01.gif