外断熱工法とは?

外断熱と内断熱の比較 

ここで、木造在来軸組工法の場合の内断熱と外断熱を比較してみます。

それぞれの項目について詳しく見てみましょう


内断熱工法(充填断熱)外断熱工法(外張り断熱)
断熱部(床・壁) 柱と柱の間に充填する
(壁の中に断熱する)
柱の外側に張り付ける
(壁の中は空洞)
断熱部(屋根) 天井
(小屋裏は室外扱い)
屋根
(小屋裏も室内空間となる)
断熱部(基礎)
(床下は室外扱いで換気)
基礎
(床下も室内と考える)
断熱材グラスウール・ロックウール
(繊維状断熱材)
ポリスチレンフォーム・ウレタン他
(板状断熱材)
普及程度
(日本)
圧倒的多数少数
断熱の連続性柱や土台などの
構造体で途切れる
基礎から屋根まで
途切れずすっぽり断熱
内壁壁体内通気 取りにくい
(断熱材が詰まっているため)
取りやすい
(壁の中に空洞ができる)
断熱性能確保しにくい
(繊維状断熱材の熱伝導率が高いため)
確保しやすい
(板状断熱材の熱伝導率が低いため)
気密性能確保しにくい
(断熱材の室内側で気密層を設ける必要があるが施工が難しい)
確保しやすい
(柱より外側で気密層が取れるため施工しやすい)
蓄熱性能低い高い
梅雨時室内湿度高くなりやすい低湿度を保ちやすい
梅雨時木部湿度高い
(外気に面しているため)
低い
(外気に面しない)
冬季室内湿度正常
(気密性が高いと乾燥)
乾燥しやすい
冬季木部湿度正常乾燥しやすい
換気効率低い高い
快適温度帯夏季低め、冬季高め夏季高め、冬季低め
地中温度利用不可能
(床下は室外として外部に開放しているため、地中熱を室内に取り込めない)
可能
(基礎外側で断熱しているため、地中熱を土間越しに室内に取り込める)
室内温度差
省エネ性低くなりやすい高い
施工性安易熟練が必要